『猫』

動物病院勤務のTさんが休日に家でくつろいでいると、眠っていた飼い猫が突然飛び起き、バタバタ走りだしたかと思うと、洗面所のドア越しに玄関を見つめ、尻尾と背中の毛をブォッと逆立てはじめた。
猫が背中まで逆立てることは滅多になく珍しい。

何事かとTさんが首を傾げていると、玄関から「こんにちは〜」と男の人の声が聞こえてきた。
Tさんが立ち上がり「は〜い」と玄関を開けると……、

誰もいなかったんです。
それから猫は落ち着きを取り戻し、いつもの状態になったんですが、これは一体何ですか?

実はその数日前から、夢とも現実ともつかない変な夢を頻繁に見るようになり疲れてたんです。
それに……、
うちの猫は毛を逆立てないんです。猫に取り囲まれても絶対に逆立てない。
だから異常に怖かったんです。
一体何が起きたんでしょう?

恐々と問いかけるTさんに僕は、

それは……猫じゃないとわかりませんが、何かタチの悪いものが家に入りこもうとしてたのを猫ちゃんが追い払ってくれたんじゃないですか?

としか答えられなかった。

悪夢はまだ続いているという。